水素のチカラとは!

水素の効果については、2007年に太田成男先生(順天堂大学大学院神経学分野)が発表された論文が医学会最高峰の「Nature Medicine」に採択されて以来、報告された水素医学の医学論文は1,000報を超えました。
今や様々な領域で研究活動が進んでいます。私たちは、①水素の持つ抗酸化作用②副作用がほとんどない点、この2つに着目、予防医療に貢献できると考え、
数多くの水素吸入機器の中から、安全・安心・大容量という点を重視してヘリックス:ジャパン社製のハイセルベーターを水素サロンRに設置しました。
そしてご自宅や店舗などで水素吸入をご希望される方には、トライズ社オリジナルの「富士のチカラ」をご用意して皆様の健康寿命に貢献できればと考えています。


■水素(分子状水素)の特長
分子状水素には効果的な抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗細胞死作用、エネルギー代謝促進効果があることが明らかにされました。
これらの作用が相乗的に効果を発揮し、様々な疾患の治療と予防に応用できるのではないかと期待されています。
さらに、分子状水素がこのような多彩な効果を発揮するメカニズムの研究も進展しています。

同時に、まだ研究段階ではありますが、10を超える大学病院で臨床研究が進められており、分子状水素が実際の医療に大いに貢献する可能性が大きくなっています。
また、病気の人だけでなく、健常な方々の健康増進という視点からも注目され、美容効果も期待されています。

最近では、人間を含む動物だけでなく、植物に対する効果の研究も進められ、分子状水素による農業革命も期待されるに至っています。

一般社団法人 分子状水素医学生物学会 理事長 太田成男

(引用元 http://www.medi-h2.com/message.html


■水素の抗酸化作用について
※ここでいう水素とは、分子状水素(水素ガス)のことです。
水素の抗酸化力は適度なので、生体に必要な活性酸素を除去しないところが利点です。
水素の抗酸化力は、従来のビタミンCやEに比べると強くありません。
従来の抗酸化物質は、すべての活性酸素を除去しますので、取り過ぎに注意する必要があります。
しかし、水素は、善玉活性酸素とは直接反応しないので、代謝を乱すことがないのです。
一方、水素は酸化力が非常に強く破壊力が強い悪玉活性酸素と直接反応して消去します。


■水素の副作用について
一般的には、薬の副作用は薬自体に毒性があるために生じることがあります。
水素自体は、他の物質と反応する反応性は弱いので、水素自体に毒性はありません。
活性酸素と反応したあとは水になるので、反応物にも毒性がありません。
さらに、生体に必要な善玉活性酸素を消去しないので、体内の代謝系を乱すこともなく、副作用につながらないのです。

(引用元:ここまでわかった水素水Q&A 著者:太田成男 2017年3月・発行:株式会社小学館)


■水素について詳しくお知りになりたい方へ‥
弊社が協賛している日本分子状水素医学生物学会の太田成男理事長のサイト
http://shigeo-ohta.com/

ここまでわかった水素水Q&A 著者:太田成男
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388521

水素に関するQ&A
https://helixj.co.jp/qa/
※当社と連携している(株)ヘリックス・ジャパンのサイトです

PAGE TOP